読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国、韓国の反日感情について考えてみる。

反日感情について考えたきっかけ

私が初めて反日感情を意識したのは高校を卒業してすぐに語学留学で1年滞在したカナダのトロントです。2002年頃当時にはすでに在カナダ韓国人は5万人以上、中国人は20万人以上と言われており、トロント市内にはコリアンタウンやチャイナタウンが存在しており、私が通っていた語学学校にも多くの韓国人留学生がいました。

 

f:id:msys76286:20170504133954j:plain

日本人と韓国人は文化的価値観が似ており、よく言われる空気感が近いため、質全的に仲がよくなりやすいと感じました。多くの韓国人と接する仲で、特に仲良くなると、より踏み込んだ日韓関係の話によくなりました。決まって言われるのが始めは日本が大嫌いだったけど、あなたに出会って日本人全員が悪い人ばかりではないと言われました。始めはあまり意識しなかったのですが、私が出会った多くの韓国人はどこかしら反日感情を持っているのだなと若いなりに思いました。

なぜ彼らが反日になったのか

多くの韓国人は歴史的に日本が韓国を侵略し悪いイメージしか持っていませんでした。学校や世間でそのように教え込まれるのでしょう。また日本は韓国より先に経済発展しました。韓国人は日本より面子を重んじ、プライドを傷つけられないために日本を悪ものにし自分たちの面子、プライドを守ってきたのではないかなと思います。日本に統治された歴史もあり日本人に負けたくないという気持ち強いように感じます。口では強がっていますが少なからず日本人に対して劣等感のようなものもある気がします。

中国の反日感情過去と今

私はカナダから帰国して1年の浪人を経て日本の大学に進学しました。その大学は多くの留学生を受け入れていたので、大学時代は中国に関心はあったため中国人と仲よくなることが多く、何度か中国にも訪問しました。当時中国は経済発展真っ最中で訪問する度に街が変わっていました。そのうちに中国の魅力にとりつかれてここでビジネスをしたいなと思うようになりました。

 

私が始めに就職したのは大手証券会社、不幸にも就職した年は2008年でリーマンショックをもろに受けました。会社内はギスギスし結局1年たらずで退職しそのまま仲のよかった中国人と大量の荷物を抱え、フェリーに乗り中国でビジネスをすることにしました。日本人が全く住んでなかったような地域だったため、当然相手は全て中国人、中国語もろくに話せなっかたので本当にきつかったですが、私の出会った中国人はみんないい人ばかりでした。

 

しかし事態が変わったのが2011年ごろ、日系企業が多い大都市部を中心に大きな反日デモが起こり、その頃から大きく中国は反日に向かったように感じます。その1つの要因がスマートフォンの普及ではないかと思います。中国人はどんなに貧しくてもスマートフォンを持ちたがります。それにより多くの情報を手に入れられるようになりSNSなどで意見交換が容易になり都市部で起こっていた反日感情が中国全土に一気に広がったのではないかと思います。実際私が住んでいた場所ではスレていない純粋な人が多かったですが、昨年訪れた時にはスレてる人が多くなったなと感じました。

なぜ韓国人・中国人は反日になるのか

私が考える大きな要因は文化的価値観が近いからだと思います。全てはわかりませんがお互いの事が少しわかるからこそ、相手に対するイメージがわきやすく、その中で面子やプライドにより悪いイメージにもする事ができます。また日本が早くから経済発展してきたので嫉妬心も強い気がします。大阪は東京を意識するが東京は大阪を意識しません。そんな事が国家間で起こっているように感じます。その反面大きく文化が違い価値観のよくわからない欧米には日本人も韓国人も中国人も敵対心を持ちません。本来ならすごく仲がよくなる関係だからこそすごく仲が悪くなるのだと思います。お互いが尊重しあい徳を持ち正しいものに目をしっかり向ける事ができるようになればすごくいい関係になるのではないでしょうか。

 

ダイエットに挑戦します!いろんなダイエット方法を試してみる。

f:id:msys76286:20170501123832j:plain

はじめに

昨年もいろいろダイエットを試してみました。例えばマスタークレンズダイエット、有酸素運動、食事制限、筋トレなどなど、その時は1ヶ月半で6kgほどのダイエットに成功しました。結構痩せれるもんだなという事で安心して結局リバウンドし73kgほど落とした体重が気づいたら82kgになっていました。これはやばいということでまたダイエットに挑戦します。最初の目標は昨年の73kgまで落とします。

 今始めていること

今回はやはり楽しては痩せられないということがわかったので、まず筋トレです。腹筋とダンベルを使って大胸筋を鍛えています。私は男なので、おっぱいが出ているのが恥ずかしいので胸はダイエットにはあまり関係ないみたいですがバランスよく鍛えています。ダイエットでなぜ筋トレが必要なのかは、筋肉がつけば体が燃焼しやすいらしく、同じ運動をしても筋肉がある方がカロリー消化しやすいとジムの人に言われました。鍛える部位としては腹筋、背筋、太ももを重点的に鍛えた方がいいみたいです。

と言うことで週3回ほどそれらの部位を重点的に鍛えています。そして週2日水泳、週1日ランニングマシーンで走っています。ジムに行き始めて2週間たち、体も大分運動に慣れてきたので今週から食事制限をしていこうと思っています。食事内容はまた別途紹介しようと思います。

ダイエットのこれから

現状ダイエットを始めて2kgほど痩せてきました。始めは筋トレをしているので筋肉がついてしまうのでこんな感じでもいいとお思います。これからは食事制限をするので結構減っていくのではないかと思っています。

ただ人間の体は賢いので大体1ヶ月目は急にダイエットしているのでびっくりして元の体重を保とうとします。なので人によっては頭が少しボーとしたり、いつもとは違う症状が出たりするみたいです。体が慣れだす2ヶ月目から一気に体重が減り出すので根気強さは必要です。

 

成果

現時点の成果(5月1日時点)

4月18日ダイエットスタート

82kg→80kg

久しぶりに訪れた中国で感じた鎖国化。中国の未来はどうなる!?

f:id:msys76286:20170426164358j:plain

 

今年に入ってから中国には2回訪問しました。1回目は北京→太原→鄭州→洛陽。2回目は香港→深センです。今回の2度の訪問で感じたことは中国はもはや日本よりIT先進国であるという事。スマホを持っていればあらゆる場所で決済ができたり、サービスを受けられる様になっています。

 

代表的なものは中国版LINEとも呼ばれるWECHAT(微信)このアプリがあればお店で決済ができたりUberの様にタクシーを呼んだり、様々なお店で割引を受ける事ができます。このアプリは外国人でも利用できますが、決済機能がなかったりしてあまり使い物になりません。決済機能を使いたければ中国国内の銀行口座や電話番号が必要となります。私の日本に住んでいる中国人と洛陽のマッサージ店に行った歳、中国の電話番号で会員登録すれば400元が200元になると言われ、友人は日本の電話番号しか持っておらず、結局そのマッサージ店に行くのは馬鹿らしいのでやめました。少し前なら結構融通がきいたりしたのに、そういう部分もなぜか先進国化してます。

 

中国では国際カード(VISA,Master)なんて使い物になりません。有名大手や大手百貨店などでは使えますが、ほぼ銀嶺カードの1人勝ちです。新幹線の切符を買う際も中国人のIDがあれば馬鹿みたいに並んでいる窓口に並ぶ必要がなく自動券売機で買う事ができます。外国人は当然中国のIDなんて持っていないので、馬鹿みたいに並ぶ必要があります。その時まじ中国は外国人に厳しいなって思いました。

 

またネット規制もひどく、外国人がよく利用しているFacebook,Twitter,Youtube,LineなどのSNSが全て使えません。いつも中国に行く際は仕方なしに香港のSimカードを買っていきます。香港も中国のはずなのに、なぜか香港のSimはネット規制がありません。

 

とにかく中国は人口が多く、内需のみで完全に成り立ちます。外国のルールなんて関係ありません。独自のルールを作り我が道を行くのが中国という国です。それを理解して行かないと相当ストレスが溜まります。とにかく中国は海外からいいアイディアや技術、サービスなどを取り入れ、独自に開発し国内で市場を独占しようとします。日本や欧米など昔から築き上げられた技術力などはなかなか盗むのが大変ですが、新しい分野であるITやIOTでは全力で投資し、恐ろしいスピードで開発しているので他の国は太刀打ちできなくなっている様に感じます。

 

ネガティブな事ばかり書きましたが、油断してはいけないのが正直中国の製造レベルは昔に比べかなり高品質になってきました。ものを作る力はかなりあります。逆に日本などは新い分野に対し慎重でリスクをとりたがりません。中国はバンバンリスクをとって投資しまくります。新い分野ではもう中国には勝てないのではないかと思います。

 

中国経済は最近あまりよくないと言われていますが、確実にいろんな分野で実力をつけてきた中国を甘くいない方がいいのではないでしょうか。と思いました。

 

 

 

最近の仮想通貨と投資について考えてみた。

f:id:msys76286:20170426164115j:plain

 

私が仮想通貨に興味を持ち始めたには2015年末あたりです。それまでは2014年に破綻したビットコインの取引所マウトゴックスの悪いイメージしかなく、どうせ胡散臭い詐欺だろうと思っていました。しかし調べれば調べるほど仮想通貨というのは魅力あるものに変わってきたのです。ちょうどその頃、仮想通貨革命という本を読みこれは将来化けるんではないかなんて思ってました。

 

そこでその頃堀江もんなども関わっていたZAIFビットコインを買う事にしました。すごいとは思っていましたが、まだ半信半疑だったので捨て銭だと思い。1ビットコインとなぜかZAIFが取り扱っているNEM(日本向けいみたいなの)をまだ0.5くらいだったので50000XEM(nemの単位)を買ったのです。

 

最近は他の仕事も忙しくなったのでその事もすっかり忘れていたのですが、久しぶりに口座にログインしてみるとビットコインが倍でNEMが6倍ほどになっていました。仮想通貨まじ恐ろしいなって思いました。ひよっていた自分をまじで殴りたくなりましたが、投資なんてそんなもんだとすごく勉強になりました。こうやって資産って増やすんだなという勉強にもなりました。

 

20代の頃は証券会社で働いていた事もあり、株で稼いだり、FXで大損こいたりいろいろありました。その中で学んだ事はみんなに注目されているところにどうしても飛び込みたくなりますが、それをすると儲かりません。誰も注目していない、さらにちょっと怪しいところに投資してこそ儲かるんだなって思いました。一般的に言われるハイリスクハイリターンです。それと心臓が弱い人(私も)は少しずつ投資を始め心臓を強くしていく必要があります。

 

1分チャートなどを見ているとすごく動いているので、飛び込みたくなってしまいますが、そういう目先の利益ではなく長い目で、広い視点で投資しないと本当痛い目にあいます。みんなが注目しているところにはなるべく飛び込まないようにしたいですね。